マツエクの商材はここがポイント

近年のまつげエクステブームに伴い、激安サロンも登場していますが、いつでも気になった時に増やしたい、極力コスパを削減したい、と願っているならば、やはり、セルフマツエクがお勧めです。自まつげに人工毛を貼りつけていく美容法なので、どうしても生え代わりの時期や扱い方によっては、一気にぼろぼろと抜け落ちてしまうこともあり、すぐに何とかメンテナンスを受けたい、と感じてしまうことも多いのです。自分で装着するのであれば、数本抜け落ちて気になっただけでも増毛できるので、いつでも完璧に美しい状態を保てます。最近ではプロ仕様の商材も、ネットサイトで販売されているので、簡単に手に入れることが可能で、さらにレベルの高い仕上がりを素人でも実現させることが出来ます。

仕上がりを決めるのは品質の高い人工毛

マツエクの仕上がりを決める商材といえば、やはり人工毛の品質で、安価な素材のものは、人形のまつげのような変なテカリや光沢が感じられ、自然さ、上品さに欠けてしまいます。アイラッシュサロンでできるだけ安く抑えるためには、こういった人工毛を選ぶのも致し方ありませんが、セルフで装着するならぜひ、人工毛の素材にはこだわり、最高級品のセーブルを選択しましょう。セーブルは、自まつ毛に一番近く、柔らかく、軽く、付けていることを感じさせないほど自然な付け心地です。カールも美しい状態が長持ちし、毛質が良くしなるので、自まつ毛にピタッと貼りつけることができ、密着度も高まるため、持続期間も長く持たせられます。プロが仕入れるものは、数千本入っているので、好きなだけふさふさにつけられ、コスパは最高です。

持続力を高めるグルーを選択しよう

マツエクの命ともいえるもう一つの商材が、専用の接着剤であるグルーですが、プロのアイリストもこのグルーに一番気を遣うといっても過言ではありません。より安全性が高く、定着力があり、スピーディーに装着できるもの、速乾性や粘り気などにもこだわる方も多く、付けたてのもっとも美しい状態を、いかに長く持たせることができるかを考え、色々なグルーを試している方も少なくありません。セルフで行う場合には、目を開けていても装着できるように、刺激性が少なく目に沁みにくいもの、液質はサラサラだと目の中に入る危険性が高まるので、ある程度粘り気のあるものがお勧めです。速乾性には劣り、がちっと固まるまで数秒かかりますが、その分手直しができるので、装着に慣れない間はかえって扱いやすいグルーです。また量はできるだけ少量タイプを二か月くらいで買い変えるようにし、常に新鮮なグルーを使いましょう。持続力にも大きく影響します。